40代の心構え

40代になると体は大きな山場を迎えます。いわゆる更年期です。更年期とは成熟期から老年期に移行する期間のことで、40~55歳にかけて起こると言われています。

更年期の体の大きな変化は閉経です。生理が止まると更年期を自覚する女性は多いと思います。更年期に体の変化が原因で発生する体の不調が更年期障害です。

更年期による体の変化によって、自律神経やホルモンバランスを崩し、体の調子が悪くなることがあります。症状としては肩こり、頭痛、神経痛、記憶力の減退、不眠、めまい、疲労感、熱が出たり、発汗、動悸、耳鳴り、腰痛などがあります。

実は、更年期障害は女性だけではなく男性にも起こります。男性には閉経はもちろんないですが、動悸、めまい、肩こり、不眠、疲労感などは同じです。

男性の場合は急な変化ではなく少しづつ時間をかけて変化していくので過労と見分けがつきにくいです。だから油断しやすいので注意しないと危険なんです。

歳をとれば誰しも迎える更年期なのですが、無理するのはよくありません。症状がいつもと違いつらいと感じたらすぐにお医者さんに診てもらいましょう。

病院には更年期障害を軽くする治療が用意されています。自律神経薬、精神治療薬、ホルモン療法、心理療法などがあります。自分一人で抱え込むのはつらいので相談できることは専門医に相談しましょう。心の負担が軽くなりますよ。

さらに40代になると老眼の心配も出てきます。老眼は歳をとると目の遠近調節機能が衰えて、近くの物が見えにくくなる現象のことで、一般的に45歳前後で始まる人が多いです。近くのものが見えにくく感じたら老眼を疑った方がいいでしょう。

老眼は認めたくないという心理が働きやすく、老いを認めたくないあまり、疲れのせいにしてしまいがちなんです。おかしいと感じたら放置せず、すぐに眼科に行きましょう。

老眼を放っておくと数字の見間違えなど余計なトラブルになることがあるので出来るだけ早く対処するようにしましょう。