背中の贅肉はなぜ落ちにくい

背中の贅肉、自分ではなかなか気づかない場所ですが、案外人から見られています。顔のしわやシミ、たるみと同じく背中の無駄なお肉も年齢を感じさせる1つだと言えるでしょう。人の背中を見て自分より年齢が上かな…なんて想像したことはないでしょうか。

背中のお肉を意識して引き締めたい。では具体的に背中を引き締めるには、どんな方法が有効なのでしょうか?まずは背中に脂肪が溜まる原因について説明します。

まずは加齢による代謝の低下が原因と考えられます。年齢を重ねるごとに脂肪がつきやすくなるのは仕方のないこと。なので代謝を上げないといけません。

さらに運動不足で筋力が低下したらさらに代謝は下がり余計な脂肪を溜め込みやすくなります。こまめにストレッチや散歩くらいでもしている人の方が代謝は高くなります。

普段から姿勢が悪く猫背の人は背中に脂肪が溜まりやすくなっています。姿勢が悪いと見た目も悪く、背中に脂肪もたまりやすい。良いことがないですね。姿勢は意識で治せます。背筋を伸ばし、あごを引くように意識しましょう。それだけで背中が伸びている気がしませんか?

体が前に傾いていると、体のラインだけでなく、顔のたるみの原因にもなります。正しくピンと伸びた背筋は年齢よりも若々しく見せる効果もあるんです。だから、今すぐ背筋を伸ばしましょう。毎日の意識で変われるんです。

きっちりとピシッと正しい姿勢を維持するということは意外にも筋肉を使う難しいことなんです。日頃よりしっかり意識して背中の筋肉を刺激して贅肉を燃焼しましょう。姿勢を維持するのは背筋なしではできないので、姿勢が悪いと背筋もどんどん衰えていきます。

姿勢を良くしているだけで、背筋が刺激されて、代謝も良くなり自然な流れで贅肉は落ちるんです。

ドローイングも有効です。背筋を伸ばし、あごを引き、大きく息を吸ってお腹を最大限引っ込めて、内臓を上に押し上げます。肩を下に意識して下げて、首の後ろを伸ばす。お尻に力を入れて引き締める。

歩くときは常にこれをキープしてみましょう。結構きついです。また、座り仕事が多い人は、椅子に座るときはなるべく背もたれに持たれないように、意識して上から引っ張られているような姿勢でキープしてみましょう。背筋が伸びるのを感じてもらえるはずです。