コレステロールについて正しく知っていますか?

コレステロールとは脂質の一種で、体内では細胞膜の材料となるので、副腎皮質ホルモン、性ホルモン、胆汁酸という消化液の材料になる物質です。

生命を維持するために必要な栄養素なのですが、コレステロールと聞くと多くの人は健康に悪いものという印象を持ちます。コレステロールは動脈硬化や脳梗塞の原因となるので健康診断などで注意されることが多いからでしょうか。

人の体の中で使用されているコレステロールの多くは体内で合成されて、それだけでは足りないので食事から摂取する必要があります。コレステロールを過剰に摂取しすぎたりすると、血中コレステロールが増加し動脈硬化のリスクが高くなるので注意しないといけません。

コレステロールは二種類に分けられてLDLコレステロールとHDLコレステロールに分けられます。

LDLコレステロールはコレステロールを運ぶ役割を持っています。血液を通って全身を巡るのですが、コレステロールが過剰に摂取されると余ったコレステロールが血液に残り血管壁に蓄積されるようになってしまい、これが血管を狭くして動脈硬化を引き起こします。

HDLコレステロールは血液中の余分なコレステロールを回収し、肝臓に運ぶ役割があります。肝臓に運ばれたコレステロールはホルモンや胆汁酸の材料になり不要なコレステロールは排出されます。

この二つの働きからLDLコレステロールは悪玉コレステロール。HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれています。

コレステロール値が高くなる原因はコレステロールが多く含まれる食品の過剰摂取によるものが多いですが、それだけではなく、アルコールの摂取量が多いと中性脂肪が増えるので悪玉コレステロール値が上昇してしまいます。

継続的に運動をして代謝を上げることで、体脂肪が減ります。体脂肪が減ると中性脂肪も減少するので、食事の見直しと継続的な運動で悪玉コレステロールを減少させましょう。

揚げ物やファーストフード、インスタントラーメンやスーパーの焼き鳥の皮などコレステロールのもとになる中性脂肪の塊です。極力食べないようにしましょう。

 

高校生でもまだ伸びる?フィジカルBの効果と口コミ